2014年3月24日月曜日

めいと私



めいが、保護主さんに保護されて
一年が過ぎました。

あんまり詳しく聞いてはいないのですが、
ワクチンの記録から見て、そうなんだな、と思う。


めいは、全くの野良ニャンコというわけではなさそう。

でも、どこかのおうちでかわいがってもらってたわけでもなさそう。

どんな猫生を送ってきたのかは、誰にもわからない。


保護されてから過ごしてきた、安全な病院のケージから

いきなりキャリーに入れられて、
暗い飛行機の貨物室に積みこまれた。

どっちにしても「知らないヒト」と過ごす
6時間の新幹線と、2時間の飛行機・・・迷いに迷ったけど
どっちにしても安心できない環境なら、短時間の方をと選んだのですが。

どっちがよかったのかは、わかりません。

「新幹線でやって来ためい」と並べて比べることはできないですもん。

そんな怖い思いをさせたからか、
ズンズン近づくモカがいやだったか、
シャーシャー言って、隠れて・・・。


水道の音、ドアが開く音閉まる音、呼び鈴のピンポーン
電話の音、トイレの水が流れる音、
なんでもかんでも怖くて嫌で、
特に私の手に、憎しみすら感じるほどだったのですよ。

嫌がるからと全てを遠ざけていては始まらないと
ちょっとずつ
ちょっとずつ

クリッカーを使うコミュニケーションで、
めいは少し自信を持ってきました。


これをしても、叩かれたりしない。嫌なことされない。
こうしたら、私もめいも楽しいって
少しずつ通じ合うような、そんな感じがするようになってきました。

自分でなでてほしい!と思ったら、
隣に座って、催促するようになりましたよ。
お膝にも乗って、おやつちょうだいって言えるようになりましたよ。


そろそろワクチンに行かなくちゃ。

キャリーにもう少し慣れたら
がんばってみようか?

おとな猫さんを里親としてお迎えになる方は、
慣れてくれるかな、仲よくしてくれるかな、と不安になる事が多いと思います。
猫さんは、百猫百様。
みんな違う。
絶対!とは言えないけど、
今、不安な方も、きっとうまく行きます。



今日も、お立ち寄りくださいましてありがとうございます。
それでは、また明日。






2 件のコメント:

鈴木カヨ子 さんのコメント...

23匹のパパ&ママ

めいちゃん、もう一年ですね。早いものですね。
大人猫は慣れるのに時間の掛かる子、慣れ方も千差万別、相手によっても慣れ方を変えるという技を使います。
最初シャーシャー威嚇していた子が慣れてくれると、それはそれは本当に嬉しいです。我が家に最近来たバニーは、私には触らせますが、主人の顔を見ると逃げます。
でも、後3ヶ月位したら大丈夫かなって思ってます。他の猫さんたちに教えてもらえると思ってます。大変なこともありますが日々楽しいです。

佐々木知代 さんのコメント...

23匹のパパ&ママ様
本当に時間が飛ぶように過ぎた一年でした。
最初のアプローチが悪かったのか、安心して過ごしてもらえるまで、時間がかかってしまいました。
今でも、時折は後ろをコソコソと走って通り抜けていくめいの後ろ姿を見ては、にやりとしたり悲しくなったり。
近くなっていくペースは今でもゆっくりですが、近くなったなと思う瞬間は幸福です。
猫との暮らしは、楽しい!ですね(^-^)