2015年3月17日火曜日

ごはんで涙



今日の夜、やっとやっとモカっちが
自力でごはん食べました。
ほんの少しだけど。

やっぱりちょっと痩せて毛並みが悪くなったね。

12日からまる5日ほとんど食べてなかった。

消化にはすごくエネルギーを使うのだそうで、
具合が悪くなった時に食べなくなるのは、
消化にかたむけるエネルギーを回復のそれに代えるため。
そうは聞いていても、飲水量も減りどんどんやせてくる。

嘔吐と飲水量の低下で、脱水の恐れがあったので、
点滴で水分補給もしました。

食べると吐くの繰り返しだったので、
最初はこっちもぐっとがまんして、
悪いものは出しちゃおうね、と思っていたけど。

3日目にはこちらががまんできなくなり、
おいしい流動食を、鼻や口の周りに塗って無理やり食べさせてた。

胃炎の疑いだったのですが、
検査でも炎症の反応もなく、
注射での薬でも、飲み薬でも効果がなく。

異物を飲んだのでは?と
病院の先生は少し感じておられたみたいですが、

もともと異食気味のモカっちだから、
かなり気をつけていたし、
へそ天でねじれ寝をしてるのに、
何かが内臓に引っ掛かってるとはどうしても思えない。


ようやく昨日あたりから吐き気がおさまり、
回復の兆しを感じていましたが、
今晩やっと自分からお皿から、ほんのちょっとだけど食べてくれた!
泣ける~(ToT)

こらこら、感動的なとこなのよ。そんなオェーみたいな顔しない。

いろんな大好きをとっかえひっかえ
お皿に乗せてみたここ最近。

鼻や口のまわりに塗ったのは
ちゅーる」というおやつ。

今晩食べてくれたのは「たまの伝説 水煮缶


まだ目を離せるほどは、いつもに戻ってないけれど
同じ症状が出た猫さんの役に立つかもしれないと思って書きました。


痛くても痛いとは言わず、ぐっとがまんしてしまう猫。
伝えたくても、手段が限られるヒトと猫。

猫はヒト家族がつらいとき、察してそばに寄り添ってくれるのだから、

猫がつらいとき、やってあげられる事ってなんでしょうね。


↓このお嬢さん、このところグルメ三昧

元の食生活に戻れるかしら。


今日も、お立ち寄りくださいまして、ありがとうございます。
それではまた。




キャットシッターねこの木の
ホームページはこちら

どんな人がお世話に来るの?
うちの場合の料金は?
使った人の評判は?
聞きたい事がある時は?

予約状況はこちら

お申込みはこちらへどうぞ

2 件のコメント:

ふくしま さんのコメント...

モカっち、よかった・・・
食べられないというのは、本当に凹みますよね。
絶食が一番いいと頭ではわかっているし、食べなくても大丈夫だし、人にも偉そう~に言ったりもするくせに、自分ごとになると全く自信がありません、私。
ヘタレ飼い主ですから。
やっぱりムシャムシャ食べてくれるのをみると、安心するし嬉しい。
らくまるが病気になるくらいなら、私がなる!心底思います。そっちの方が精神的にも経済的にも楽。

何が原因だったのかなぁ。へそ天で寝てるならそんなに悪い感じもしませんが、早く完全復活できるのを願っております。

佐々木知代 さんのコメント...

ふくしまさん、ありがとうございます。
ゆっくりゆっくり回復はしているみたいです。
原因が知りたいけど、血液検査とレントゲンではわかりませんでした。もっと詳しく検査をすればわかるのでしょうが、点滴でさえ怯えるモカを病院に預けたりはできなかったです(>_<)
代われるものなら代わって、もっと色々わかっているヒトの医療で引き受けたかったですが、何もできることがなかったのが辛かったです。
小さなやわらかくてあったかい命が痛みや苦しみから解放されることを祈らずにはいられません。